• HOME
  • お金を増やすために

お金を増やすために

図1.jpgのサムネール画像借金の返済は、収入から支出を引いた「支払原資」から支払うものですので、それを増やすことが必要です。


つまり、収入を上げるか、支出を抑えるか、になります。


現実問題としては、個々の事情によって、収入を増やすことが難しい方もいらっしゃることと思いますが、そういう方は、できるだけ支出を抑えて貯蓄をしてください。


お金を貯める


お金を貯めるためには「決して手をつけない口座に貯める」ことが重要です。


古くは、ベンジャミン・フランクリンが提唱していますが、ご自身の収入の10%をずっと貯めていくのです。

借金の返済に追われている方は、いきなり収入の10%の貯蓄は難しいと思いますが、1円貯金でもいいですから、決して手をつけない口座に貯めていって下さい。


気持ちの余裕を意識的につくることが、悪循環からの脱出の第1歩になります。


また、少しずつでも、貯蓄を意識することで自然と身の丈の支出になっていきます。


収入を上げる


収入を上げるためには、自分の強みを把握しそれに集中してある局面に投入するのです。


「弱者の戦略」という言葉があります。

「弱者」と言っても、人生の敗北者という意味では、決してありません。

人、物、金のいわゆる「経営資源」の面で大きな会社と比較して「弱い」ということです。男性1.jpgのサムネール画像のサムネール画像

現在ナンバーワン企業と呼ばれる会社も昔は、「弱者」だったのです。

「弱者の戦略」を立て、それを淡々と実行することにより、今の地位を築いたのです。

「弱者の戦略」は正に「原点の戦略」なのです。


弱者の戦略の特徴


弱者の戦略は一言で申し上げますと、「1点突破」です。

あと、強い敵とは、競争を避けることです。

「戦わずして勝つ」です。

実際、自分の強みを把握せず、漫然と経営(仕事)をしている人が結構います。

こういう方に限って収入が上がらないことを人のせいにします。

昇進しないのを人のせいにします。

自分の強みを誰にも負けないくらい磨いてください。

自分の強みはなんですか。

3つ書いてみてください。


(1)

(2)

(3)


男性2.jpg


さらに詳しく知りたい方は、ネット通販Amazonで検索してみて下さい。

おすすめは「弱者の戦略」栢野 克己(著)です。


たくさんの売り方を考える



自分の強みがわかっていても、実際売れるかどうかは売り方にかかっています。

基本的には、「絞る」「集中」がキーワードになるのですが、「発想の転換」によりあらたな市場を創ってしまうのも一つです。

ポストイットにたくさん書いてみてください。

最低10枚は書いてみてください。理想的なことから、現実的なことまで無制限に素直に書いてみることです。

何か見えてきます。この何かが「付加価値」です。人の「評価」です。

売り方が決まったらひたすら売る(実行する)。

チラシやDMは間をおいて、同じところに5回は繰り返してください。

あきらめずに自分の強みをアピールしてください。

忘れたころに手ごたえがあります。

「目標」を決め


「戦略」を立てて


淡々と実行する。


日々の成果を検証し、それを「戦略」に反映する。


そしてまた、淡々と実行する。


その繰り返しです。


ただひたすらその繰り返しです。

 


muryousoudan.bmp
 

過払い・債務整理に関するご相談は当センターへどうぞ!

 

⇒ 料金表

⇒ 事務所紹介

⇒ スタッフ紹介

⇒ ご相談者の声

⇒ 所長ブログ

 

 


川崎 過払&債務整理相談センター

〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子一丁目4番地2 小島ビル201
営業時間:9:00~18:00(土曜も営業しております。)
電話番号:044-221-5485

川崎で債務整理・過払い金請求、自己破産のご相談は
京急川崎駅から徒歩3分・JR川崎駅から徒歩5分の
川崎 司法書士法人吉岡事務所まで

Copyright (C) 2011 司法書士法人吉岡事務所 All Rights Reserved.