• HOME
  • 多重債務4つの整理方法

多重債務4つの整理方法

図1.jpgのサムネール画像クレジットカードや消費者金融からの借り入れにより、多額の借金を負ったとき、多重の借金に陥ったときに、法律の力により、合法的に解決するいくつかの方法があります。

具体的に個人消費者の『多重債務整理』の方法は以下4つありますが、どの方法に適しているかは、それぞれの債務状況によって変わりますので、正しい知識を身に付けて、あなたに適した方法を選んでください


また、ご本人自身で判断することが難しいようであれば、一人で悩まずに、まずは専門家に無料相談することをお勧めいたします。

kuranami.pngのサムネール画像
多重債務でお困りの方、借金を整理してみませんか?


ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームにてお受けしております。




任意整理



任意整理とは、債権者と話し合いにより、借金の返済額や借金自体の金額を見直す多重債務解決方法のことです


本人が債権者と交渉するのは非常に難しいため、通常、司法書士等の専門家に手続きを依頼して、利息の再計算や支払方法の変更の交渉をしてもらいます。



特徴


利息制限法に基づいて利息の再計算をするので借金残高の減額が見込めます。男性1.jpgのサムネール画像のサムネール画像

利息を払い過ぎている場合は同時に返還の交渉もします。


詳細は「こちら」


個人民事再生


個人民事再生とは、裁判所に申立てをして、借金の一部を原則3年間で払うことを条件に、残りの借金返済を免除してもらう多重債務解決方法。



特徴


この方法を利用するためには、住宅ローンを除いた借金が5千万円以下である、将来的に一定の収入が見込める等の要件があります。


住宅を手放さずに借金の整理が可能


詳細は「こちら」




特定調停


特定調停とは、簡易裁判所で調停委員の協力のもと、債務者が債権者と借金の減額や将来の分割払いの条件を交渉する多重債務解決方法。

裁判所が関与する任意整理ともいわれる。

 

 

 

特徴


利息制限法に基づいて利息の再計算をするので借金残高の減額が見込めます。

ただし、利息を払い過ぎていることが判明した場合に調停の手続内では返還交渉がされない。


詳細は「こちら」




自己破産

男性2.jpg自己破産とは、裁判所へ破産(支払不能)を申立て、免責を受けることにより、借金を免除してもらう多重債務解決方法。


財産もなくなりますが借金もなくなる究極の債務整理



特徴


高額な資産がある場合は、換金して債権者の返済にあてることになります。

借金の原因がギャンブルなどの場合、借金の免除をしてもらえないこともあります。


詳細は「こちら」

 


muryousoudan.bmp
 

過払い・債務整理に関するご相談は当センターへどうぞ!

 

⇒ 料金表

⇒ 事務所紹介

⇒ スタッフ紹介

⇒ ご相談者の声

⇒ 所長ブログ

 

 


川崎 過払&債務整理相談センター

〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子一丁目4番地2 小島ビル201
営業時間:9:00~18:00(土曜も営業しております。)
電話番号:044-221-5485

川崎で債務整理・過払い金請求、自己破産のご相談は
京急川崎駅から徒歩3分・JR川崎駅から徒歩5分の
川崎 司法書士法人吉岡事務所まで

Copyright (C) 2011 司法書士法人吉岡事務所 All Rights Reserved.