• HOME
  • よくある質問

よくある質問

_MG_0457.jpgのサムネール画像1、グレーゾーン金利とはなんですか?

A、出資法の上限金利29,2%と利息制限法の上限金利(15%~20%)との金利差をグレーゾーン金利といいます。
このグレーゾーン金利は平成22年6月18日の貸金業法の全面施行により、なくなりました。
しかし平成22年以前に借入をしていた方は、過払い金が発生している場合請求できます。



2、何年くらいで過払い金は発生しますか?

A、約5年くらいで発生している場合が多いです。
現在は低金利で貸付を行っている業者も、以前は高金利で貸付を行っていたこともあります。
払いすぎた利息は取り戻しましょう。お気軽にご相談下さい。



3、過払い金は全額取り戻せますか?

A、5%の法定利息を付加した全額を請求します。
全額を取り戻しできる業者もありますが、裁判をしないと全額取り戻せないこともあります。
裁判をせずに、短期で返還する業者の場合、多少減額して和解するケースもございます。
依頼人様のご要望を伺い、依頼人様の納得のいく交渉をしております。



4、昔の資料をなくしてしまったのですが・・・?

A、資料がなくても、こちらで取引履歴を請求するので過払い金を請求できます。
ただ、業者に取引履歴が残っていないケースや相手方が争ってきたケースでは、資料を探していただくことがございます。


5、完済して6年経ちますが時効はありますか?
男性2.jpg

A、完済日から10年で時効です。6年なら請求できます。


6、過去に自己破産していますが、過払い金を取り戻せますか?

A、取り戻せます。
当事務所では取り戻しができましたが、別の見解もあるので詳しくご相談時にご説明します。


7、過去に特定調停をしていますが、過払い金を取り戻せますか?

A、取り戻せます。実績がございます。
但し、全部の取引が開示されていて利息制限法による引き直しをした上で残債務が残るケースの場合は当然のことながら過払い金は発生していませんし、取り戻しもできません。


8、昔より過払い金の取り戻しが難しくなってきたと聞きましたが?

A、貸金業者の経営状況がよくなく、以前よりは難しくなってきました。
金額的にも期間的にも今後難しくなる前にお早めにご相談下さい。



9、訴訟するメリットはありますか?

A、任意の段階では、低い割合の過払い金しか払えないといってくる業者があります。
そういう業者には、訴訟するメリットがあります。
判決は国の命令なので、通常の業者であれば返還に応じます。


10、訴訟をすれば必ず取り戻せますか?

A、中小の業者には、判決を取っても実際お金がないので払えないと電話してくるところもあります。
そういう業者に対しては強制執行することもあります。
強制執行してもお金がないところは、依頼人様と相談して訴訟をせずに和解することもあります。



 


muryousoudan.bmp
 

過払い・債務整理に関するご相談は当センターへどうぞ!

 

⇒ 料金表

⇒ 事務所紹介

⇒ スタッフ紹介

⇒ ご相談者の声

⇒ 所長ブログ

 

 


川崎 過払&債務整理相談センター

〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子一丁目4番地2 小島ビル201
営業時間:9:00~18:00(土曜も営業しております。)
電話番号:044-221-5485

川崎で債務整理・過払い金請求、自己破産のご相談は
京急川崎駅から徒歩3分・JR川崎駅から徒歩5分の
川崎 司法書士法人吉岡事務所まで

Copyright (C) 2011 司法書士法人吉岡事務所 All Rights Reserved.